• 公認ネットカフェでCSOを遊ぼう
  • アンケート
  • ランダム型アイテムについて
  • 定期メンテナンス 水曜日 ※メンテナンス中はゲームに接続できません。

自由掲示板 CSOユーザーの自由掲示板

pythonを課金武器と勘違いする奴ww

投稿者名:gdhau

ファミリー名:

観覧数:265

日付:2016/08/26 20:16

俺です‥
アナコンダに似すぎでしょ

コメントする

投稿者名:xXEXCALIBURXx

ファミリー名:トイレ協力店

日付:2016/08/26 20:17

コルト・パイソンは、1955年にコルト社が「.357マグナム弾を発射できる」高級リボルバーとして発表した。初めに6インチ、次に2.5インチと4インチの銃身を持つものが発売され、後に8インチの「パイソンハンター」も作られた。また、コンバットパイソンと呼ばれる3インチモデルも存在する。

手作業での調整箇所が多く、生産しにくい構造ながら、その関係で仕上げも念入りに施されていたため[1]、ライバルメーカーのS&W社などの製品と比較すると高価格となっており、1970年代半ばの値段だと同社のコルト・ディテクティブスペシャルのおよそ倍だったとされ、「リボルバーのロールス・ロイス」とも呼ばれた。

高価格ながら、各種の特徴を支持するユーザーも現れ、コルト社は廉価版として使用弾薬を.38スペシャル弾・.22LR弾に変更した「コルト・ダイアモンドバック」という一回り小さいフレームを使用したリボルバーを発売した。また、.22LR弾や.41マグナム弾、.44口径のパイソンも試作されたと言われるが、製品化には至っていない。

コルト社は1999年10月、販売減少と製造費高騰を理由として同モデルの生産を停止する発表をしている。

  • 【ver222】アップデートのお知らせ
  • 「CSOJC 2017 SEASON 1」特設ページ
マップ
ゾンビモード
CSOスマートフォンコミュニティOPEN!

※このゲームには、一部、暴力的・残酷な表現が含まれています。未成年の方のプレイにはご注意ください。